美しい「く」の書き方〜今日のオトナ美文字〜

160502ku2

きょうはひらがな「く」の美しい書き方を学びます。だれかに気軽に渡すメモなどにも「〜ください」「〜してください」などと「く」は日常でよく書かれるひらがなですよね。でも意識して書かないと記号「〈」になってしまいそうです。日常で書く頻度が高い字だからこそ、美しく書いて美文字の印象を上げましょう。

 

「く」のオトナ美文字ポイント…「角度を広く」

 

160502ku5

折れる角度が狭いと子どもっぽい字になってしまいますので注意しましょう。

 

オトナ美文字「く」の書き方

 

 

では、その他のポイントです。

1,最初は直線ではなく、左払いを書くイメージでややカーブ。

2,方向転換地点では一旦停止。

3,最後は書き始めよりも少しだけ右に出す。

160502ku3

 

ポイントの1、3のように書く理由は、「く」の源の漢字である「久」の名残りのせいなのですが、その解説はまた別の機会に。

 

 

いかかでしたか?

オトナ美文字「く」が書けましたか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です