美しい「け」の書き方〜今日のオトナ美文字〜

160503ke

 

今日はひらがな「け」の美しい書き方を学びましょう。

線が書かれていない白い部分を字の中にどのように入れていくか?によって字の美しさが決まります。

「け」の場合は、一画目と、二画目三画目の間の白い部分を広くすることで、美しく見えてきます。

160510ke

 

「け」のオトナ美文字ポイント…「三画目はまっすぐ伸ばす」

「け」の三画目は左下にカーブしますが、それを出来るだけまっすぐ書くことで真ん中の白い部分が広くなります。

オトナ美文字「け」の書き方

一画目

ややカーブしながら下に進み、二画目に向けて小さくはねます。

はねを横ではなく、上にはねることによって白い部分を多くしています。

160503ke2

二画目

一画目からの気持ちのつながりを大切にしながら二画目へ。カーブしながら右上がりに書きます。

右上がりに書くことで平行に書くよりも白い部分が増えます。

三画目

二画目の横画を右寄りにクロスします。真ん中でクロスするよりも、白い部分が増えますね。

そして下に長くはらいます。気持ちだけ左にカーブします。

書き始めが二画目とつながっていますが、離してもいいです。

160503ke3

一画目よりも長くはらいましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

以上が「け」の美しい書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です