美しい「た」の書き方〜今日のオトナの美文字〜

 

160517ta2

きょうはひらがな「た」の美しい書き方を学びましょう。「た」は「ました。」「でした。」など文の最後によく出てくるため頻繁に書きます。しかも、「た」はやや大きめに書くひらがなのため、目立ってしまいます。文の最後は美しく締めくくりたいですね。さて、下の明朝体の「た」、どっしりとしていて、安定感があります。それに比べて上のオトナの美文字の「た」はと言うと…たくましさに欠けますね。

 

160517ta1

「た」のオトナの美文字ポイント…「四画目は短く」

 

四画目の長さが明朝体に比べると短いですね。そこがオトナっぽい雰囲気を出しています。

 

それでは一画ずつ書き方を確認していきましょう!

オトナの美文字「た」の書き方

一画目

すこし上に反りながら右上がりに書いていきます。

二画目

一画目のやや右側をクロスして左斜め下に書いていきます。その時、すこし内側に曲がるような気持ちでふんわり書きます。

三画目

一画目と二画目よりすこし右に離して書きます。少しカーブしながらふんわり書き進みます。少し四画目に向かってはねてもいいです。

四画目

短めにふんわりと書きます。横に進むよりも右下に進むイメージです。

位置は二画目よりも下に。

三画目よりも右に出ない位置です。(下図)

160517ta4

三画目と四画目は「こ」の書き方に似ていますね。でも「こ」と「た」のそれぞれの源の漢字は「己」と「太」です。全く違う漢字がもとになっていますので、「こ」はあまり意識しないで書いていいでしょう。

 

いかがでしたか?

以上が「た」の美しい書き方でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です