美しい「ぬ」の書き方〜今日のオトナの美文字〜

160526nu8

きょうはひらがな「ぬ」の書き方を学びましょう。習字教室に通っていたころ、「ぬ」は「め」の最後をくるんとしたらいい字なんだな…と思っていました。でも、ただくる

んとしただけでは形が変!うまく形が決まらず書くのが苦手でした。

「め」は漢字「女」を続けてできています。「ぬ」はと言うと、「奴」。つまり「女+又」。横に「又」がくっつくため、「め」よりも横に広い字形なんです。それを高校時代に平安時代の仮名を書くようになって知り、字形が取れるようになりました。

 

「ぬ」のオトナの美文字ポイント…「二画目はメリハリをつけて」

 

リハリ部分を細かく見ていきましょう。

 

オトナの美文字「ぬ」の書き方

一画目

ほとんどまっすぐ立てるように短く書きます。

160526nu00

二画目

一画目より少しだけ高い位置からカーブをつけ左下へ。

160526nu2

右上に方向転換します。左に行かないようにしましょう。

160526nu3

●の位置で一旦止まり、右上に直線的にぐーんと上がります。ここから「又」になります。

160526nu4

急カーブで下へ。

160526nu5

左に入れこみます。ここは添削で直すことが多い箇所です。

170526nu6
小さくくるんとまわります。下が赤い線のところで揃っていますね。最後だけちょっと出ます。

160526nu7

160526numi

明朝体は最後のくるんが大回りですね。

 

 

いかがでしたか?

以上が「ぬ」の美しい書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です