美しい「の」の書き方〜今日のオトナの美文字〜

の+は-のコピー-7

きょうはひらがな「の」の書き方を学びましょう。私は小学一年生で習字を習い始めたのですが、最初から「の」には苦しめられました。特に高学年になってくると、競書の課題が「希望の朝」、「清新の気」、「春の足音」などと、毎月のように「の」を書くことになり、いまいち書き方の分かっていなかった当時は苦痛でした。でも、高校生のとき、平安時代の仮名文字を学び、「の」は「乃」から来ていると知ってから、「の」が大好きになりました。「乃」についてはまた別の機会にお伝えしますね。

「の」のオトナの美文字ポイント…「左の空間も広く」

下の○の部分を広く取りましょう。

の+は-のコピー-12

オトナの美文字「の」の書き方

○の部分を広くするには…?

①最初の「ノ」を直線ではなく、たるませて。

の+は-のコピー-11

②「ノ」のあと、真上方向に。右上に進むと○が狭くなってしまいます。

の+は-のコピー-10

一旦止まった後、ゆーっくり丸く。

の+は-のコピー-8

長くせずゆったりと払いましょう。

の+は-のコピー-9

 

いかがでしたか?

以上が「の」の美しい書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です