美しい「ひ」の書き方〜今日のオトナの美文字〜

ひふへ-のコピー-15

きょうはひらがな「ひ」の書き方を学びましょう。「ひ」ほどバランスが命の字はないんじゃないかというほど難しい字だと思います。私は「ひ」が「比」の字から来ていることを知ってから、やっと書けるようになりました。やっぱりもとの漢字を知るって大切ですね。「ひ」をうまく書くポイントはこれじゃないかな…と思っていることをお伝えします。

 

「ひ」のオトナの美文字ポイント…「左下に角を作る」

 

活字の「ひ」は「Ω」をひっくり返したように丸くなっています。

オトナの美文字では左下に角を作ります。

では、すこしづつ書きかたを確認しましょう。

オトナの美文字「ひ」の書き方

ほぼ横に短く。

 

ひふへ2-のコピー-9

書き始めよりも左の場所をめざして。

ひふへ2-のコピー-8

角を作ってぐーんと右上に。書き始めよりすこしだけ下げた位置まで。

ひふへ2-のコピー-7

下に。左下の角よりも短く。

ひふへ-のコピー-9

それそれのパーツをカーブさせましょう。

全体の字の形が横に伸びやすいので注意です。縦長のほうがすっきりしますよ。

 

 

いかがでしたか?

以上が「ひ」の美しい書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です