美しい「暑」の書き方〜今日のオトナの美文字〜

160528syo1

暑くなりましたね。そろそろ暑中見舞いの季節…というわけで、きょうは漢字「暑」の書き方を学びましょう。正直言って私この字は苦手でございました。だって、「暑」は上にも下にも「日」があって「者」の払いの部分なんかがどこから払ったらいいか分からないし、下の「日」を書くと縦に長過ぎてしまうんじゃないの??とストレスの溜まる字でした。苦手を避ける性格なもので…。しかしこの機会に勉強しようと己にむち打ち頑張りましたので、ぜひお付き合いくださいませ。

オトナの美文字「暑」の書き方

「暑」は「日」+「者」で構成される縦長の字です。

 

最初に「日」を書きます。

「土」の書き方

土の最初の横画は短く書きます。長いとすっきりしません。

下の横画は長く書きましょう。「暑」は偏(へん)と旁(つくり)で構成される字(例えば椿(木+春))ではないので、長い横画は思いっきり長くてOKです。すこし右上がりに。

土だけを見ると、変な形です。

160528syo2

払い

「土」よりも高い位置からまっすぐ右下に長く払います。

長さは「土」の横線と左側が揃うくらいです。

160528syo3

下の「日」の書き方

「日」の書き始める場所が大切です。

最初の縦画の縦の位置はほぼ中心からです。

最初の「暑」を見てみてください。上の「日」と下の「日」は上下に並ばず、下の「日」は右にずれています。

160528syo5

 

 

「暑」のオトナの美文字ポイント…「上から等間隔に」

 

もう一つ「日」の書き始めの位置で大切なところ…上から均等に開けた間隔で、下の「日」の一画目を書き始めましょう。

 

160528syo4

 

 

いかがでしたか?

以上が「暑」の美しい書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です