美しい「も」の書き方〜今日のオトナの美文字〜

 

きょうはひらがな「も」です。傘の持ち手を逆にしたような「し」を書いてそれにイコール(=)を重ねたら「も」。そう覚えてしまったらその形以外書けなくなりそうです。「も」は漢字「毛」からきています。いろんな表情のある面白い字なんです!

 

 

「も」のオトナの美文字ポイント…「二画目と三画目の間を広く」

も-のコピー-4

二画目と三画目の間!すごく大切です!ゆったりした雰囲気が出ますよ。

オトナの美文字「も」の書き方

一画目

左に少し傾けながら長めに。

長めに書いて全体的にすっきり縦長の形にします。

も-のコピー-5

すこしカクカクに。傘の持ち手にならないように。

二画目に向かって払います。

も-のコピー-3

二画目

横に。

も-のコピー

三画目

二画目と距離をとって。すこし下にカーブします。

も-のコピー-4

二画目よりも右に出るように。

も-のコピー-2

 

 

いかがでしたか?

以上が「も」の美しい書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です