美しい「る」の書き方〜今日のオトナの美文字〜

 

きょうはひらがな「る」の書き方です。「る」は「ろ」の最後を丸めたもの…と思いますよね…。私もそうでした。でも、ちょっと違うんです。だってもとの漢字が違いますから。

 

 

「る」のオトナの美文字ポイント
「結びは文字の中心に」

 

結び…つまり最後のくるんと丸める場所ですが、これが今までいろんな方を添削してきた結果、右側に寄っている方が非常に多いんです。線の省エネはせず、文字の中心あたりまでしっかり入れ込んで、結びをつくりましょう。るろ-のコピー

オトナの美文字「る」の書き方

最初の横線は短く。

るろ-のコピー-6

左下に長く直線で。

るろ-のコピー-5

右上にまるく。
卵を書くように。

るろ-のコピー-4

しっかり左側に入れこみましょう。
結びの場所が決まります。

るろ-のコピー-3

小さく結びます。

るろ-のコピー-2

るろ-のコピー

 

「る」は私にとって小さくてかわいいイメージです。よく「する」など文の最後に書きますよね。「する」と書く場合、「る」は「す」よりも小さく書きましょう。さりげなくフェードアウトするイメージです。

 

いかがでしたか?
美しい「る」の書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です