美しい「ろ」の書き方〜今日のオトナの美文字〜

きょうはひらがな「ろ」の書き方です。「る」の回でも書きましたが、「る」と「ろ」はとっても似ていて兄弟のようですが、実は赤の他人。わたしも「ろ」のもとの字を知ってから「ろ」の面白さを感じました。

「る」は「留」、「ろ」は「呂」からきています。お風呂の呂なんだ!と思ったのを覚えています。

 

「ろ」のオトナの美文字ポイント…「つを横広に」

 

「る」は丸く、「ろ」は最後の「つ」の部分を横に広い「つ」にします。

るろ-のコピー-10

オトナの美文字「ろ」の書き方

横に短く。

るろ-のコピー-14

左下に直線で長く。「る」よりも長くします。

るろ-のコピー-5

カーブしながらも横に移動するイメージ。「る」よりも上に盛り上がりません。

るろ-のコピー-11

大回りに。

るろ-のコピー-10

払いの終わりはは中心線より左に出過ぎないように。

るろ-のコピー-9

「る」は小さくまるっこく。

「ろ」は首が長くて縦長なイメージです。

 

 

いかがでしたか?

以上が「ろ」の美しい書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です