美しい「郎」の書き方〜今日のオトナの美文字〜

こんにちは!きょうは「郎」の書き方です。この漢字を使ったお名前の男性は多いですね。今までうまく書けたなと思ったことがなかったのですが、今回向き合ってみておおざとの書き方がつかめて、それでちょっと自信を持って書けたように思います。

「郎」のオトナの美文字ポイント…「おおざとは低く書き始め、最後は伸ばす」

%e5%84%aa%e9%83%8e%e6%96%97-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

オトナの美文字「郎」の書き方

一画目〜四画目

点の下を空けて。

%e5%84%aa%e9%83%8e%e6%96%97-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-5

五画目

縦線が長過ぎないように。

%e5%84%aa%e9%83%8e%e6%96%97-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-3

七画目

二画目くらいの高さから低めに。

%e5%84%aa%e9%83%8e%e6%96%97-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-4

八画目

七画目よりもやや右に出します。最後は左上にはねます。

%e5%84%aa%e9%83%8e%e6%96%97-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-2

九画目

縦線はへんよりも長く。最後は止まります。

%e5%84%aa%e9%83%8e%e6%96%97-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

いかがでしたか?

以上が「郎」の美しい書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です