美しい「優」の書き方〜今日のオトナの美文字〜

こんにちは!きょうは「優」の書き方です。「優」は名づけに人気の漢字ですが、やさしいというわりには易しいといいがたく。へんとつくりの比重が違うのでバランスをとるのが大変です

「憂」の部分は、詰めて詰めて、縦に伸びすぎないようにします。にんべんは、つくりに合わせて縦にびよーんと伸ばします。

「優」のオトナの美文字ポイント…「平たい心」

%e5%84%aa%e9%83%8e%e6%96%97-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-10

「心」平たくして幅を取らないようにしましょう。

オトナの美文字「優」の書き方

にんべん

細長く。

%e5%84%aa%e9%83%8e%e6%96%97-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-13

三画目〜六画目

横画はやや長く、それ以外は細く。

%e5%84%aa%e9%83%8e%e6%96%97-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-12

八画目

長く伸ばします。

%e5%84%aa%e9%83%8e%e6%96%97-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-9

横に長い心に。

%e5%84%aa%e9%83%8e%e6%96%97-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-10

十五画目〜十七画目

心まで詰めていたものを解放して。

にんべんと憂が調和するためには距離が必要です。

%e5%84%aa%e9%83%8e%e6%96%97-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-8

 

いかがでしたか?

以上が「優」の美しい書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です