美しい「辺」の書き方~今日のオトナの美文字~

こんにちは!きょうは「辺」の書き方です。「渡辺」さんなど名字でよく書きますね。私にとって「辺」は部首がしんにょうの漢字の中でも、特別な配慮をしている漢字です。ほとんどのしんにょうのある漢字は画数が多いので、(道、週、遊など。)しんにょうに与えられる面積は狭くなりますが、「辺」にある「刀」は画数が二画と少ない上に、ほぼ真四角に収まる小さな漢字のため、しんにょうを大きく書くことができます。

しかし、しんにょうを大きく書き過ぎると刀の存在感が薄くなってしまいます。そこで特別な配慮が必要となります。

「辺」のオトナの美文字ポイント…「刀としんにょうの間に空間を入れる」

しんにょうと刀の距離感が大切です。%e9%88%b4%e8%be%ba%e9%ab%98%e6%a9%8b%e5%8a%a0-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-7オトナの美文字「辺」の書き方


右側に書きます。

%e9%88%b4%e8%be%ba%e9%ab%98%e6%a9%8b%e5%8a%a0-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-12


刀よりも高い位置に点を打ちます。

%e9%88%b4%e8%be%ba%e9%ab%98%e6%a9%8b%e5%8a%a0-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-11

四画目
だんだん右下に移動するイメージで。
%e9%88%b4%e8%be%ba%e9%ab%98%e6%a9%8b%e5%8a%a0-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-10

五画目
四画目の書き始めと縦に揃うような感じで。「刀」を避けるように下にガクッと下がります。

%e9%88%b4%e8%be%ba%e9%ab%98%e6%a9%8b%e5%8a%a0-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-9%e9%88%b4%e8%be%ba%e9%ab%98%e6%a9%8b%e5%8a%a0-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-7

いかがでしたか?
以上が「辺」の美しい書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です