美しい「伊」の書き方~今日のオトナの美文字~

こんにちは!きょうは「伊」の書き方です。「伊藤」さんでよく書きますね。明朝体では下を揃えますが、ここでは最後の払いを伸ばしています。

「伊」のオトナの美文字ポイント…「旁を下げる」%e6%9e%97%e6%b8%a1%e4%bc%8a%e5%b0%8f-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-19

オトナの美文字「伊」の書き方

にんべん
細長く。

%e6%9e%97%e6%b8%a1%e4%bc%8a%e5%b0%8f-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-20


にんべんより一段下げて書き始めます。

%e6%9e%97%e6%b8%a1%e4%bc%8a%e5%b0%8f-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-19

六画目
下に払います。にんべんよりも下がります。

%e6%9e%97%e6%b8%a1%e4%bc%8a%e5%b0%8f-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-18

いかがでしたか?
以上が「伊」の美しい書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です