美しい「小」の書き方~今日のオトナの美文字~

こんにちは!きょうは「小」の書き方です。あーうまく書けたなーと思ったことが極端に少ない漢字…それが私にとって「小」です。特に筆と違ってペン字は太さの変化が少ないので大変ですが、なんとかポイントはお伝えできるのではと思っております。

続きを読む

美しい「辺」の書き方~今日のオトナの美文字~

こんにちは!きょうは「辺」の書き方です。「渡辺」さんなど名字でよく書きますね。私にとって「辺」は部首がしんにょうの漢字の中でも、特別な配慮をしている漢字です。ほとんどのしんにょうのある漢字は画数が多いので、(道、週、遊など。)しんにょうに与えられる面積は狭くなりますが、「辺」にある「刀」は画数が二画と少ない上に、ほぼ真四角に収まる小さな漢字のため、しんにょうを大きく書くことができます。 続きを読む

美しい「渡」の書き方~今日のオトナの美文字~

こんにちは!きょうは「渡」の書き方です。「渡辺」さんなど名字でよく書きますね。さんずいとまだれの払いがぶつからないようにまた間を空け過ぎないように…と気を使ってしまいます。これは書き慣れるしかないのかなと思いますが、毎回緊張です。

続きを読む

美しい「橋」の書き方~今日のオトナの美文字~

こんにちは!きょうは「橋」の書き方です。高橋さん、橋本さんなど名字に多い漢字ですね。明朝体だと、横画がまっすぐ水平でそれに四角い口が二個縦に並んでしまって、固い厳しいイメージです。横画を右上がりにしたりして、柔らかい雰囲気が出るように気をつけています。

続きを読む

美しい「高」の書き方~今日のオトナの美文字~

こんにちは!きょうは「高」の書き方です。「高橋」「高田」「高野」…「高」の付くお名前の方はたくさんいらっしゃいますが、私が「高」の付く名字だったら毎回行書草書でごにょごにょ書き濁すかもしれません。楷書の「高」の字は緊張します。やっぱり縦画がなくて縦に構成された字は難しいですね。

続きを読む

美しい「鈴」の書き方~今日のオトナの美文字~

こんにちは!きょうは「鈴」の書き方です。何と言っても「鈴木」としてよく書かれる漢字ですね。「金」も「令」も傘があって、画数はやや偏の「金」の方が多いというバランスの取りづらい字ですね。。横に広がってしまいがちですが、ちょっとくらいはOK!な気持ちがします。

続きを読む

美しい「加」の書き方~今日のオトナの美文字~

こんにちは!きょうは「加」の書き方です。「加藤」でよく書きますね。ひらがな「か」はこの漢字からできました。「力」の払いが一画目からちょっとだけ突き抜ける。口が少しだけ下がる。私が好きなバランスで書いてみました。

続きを読む

美しい「口(くち)」の書き方~今日のオトナの美文字~

こんにちは!きょうは「口(くち)」の書き方です。単体ではあまり難しさを感じない漢字ですが、山口、出口、関口など連続してくるとバランスが取りづらくなりますよね。他の漢字よりも少し小さく書きますが、小さくなりすぎないようにしています。

続きを読む

美しい「松」の書き方~今日のオトナの美文字~

こんにちは!きょうは「松」の書き方です。名字によく使われる漢字ですね。私も松が付くのですが、今回じっくり書いてみてやっと納得できる松が書けました。ずっと「ム」を狭く書いていたんですが、「ハ」と同じ幅でいいことに気が付きました。

続きを読む

美しい「藤」の書き方~今日のオトナの美文字~

こんにちは!きょうは「藤」の書き方です。佐藤、伊藤、加藤、藤原…宛名書きで絶対書くことになる漢字ではないでしょうか?画数が多いのでごちゃごちゃ見えないように工夫しています。

続きを読む

美しい「村」の書き方~今日のオトナの美文字~

こんにちは!きょうは「村」の書き方です。偏と旁の画数がほぼ同じ。横画がほぼ同じ高さにある。同じようなはねが並ぶ…。似たもの同士な漢字の組み合わせが私を苦しめます。似ているけれども偏と旁。それぞれ偏は細く、旁は大きくすることでなんとか書けました。並ぶ横画は少しずらしました。

続きを読む