美しい「む」の書き方〜今日のオトナの美文字〜

む-のコピー-7

きょうはひらがな「む」です。「む」って他のひらがなとちょっと違いますよね。点が右上にくるのは「お」と似てますけど、二画目がジェットコースターのように上がったり下がったり、一回転してみたり。個性的です。

 

「む」のオトナの美文字ポイント…「△を下に」

下の手本は回るところ、△の部分が左下に来ています。△とその次のカーブを下で揃えることがポイントです。

む-のコピー-2

オトナの美文字「む」の書き方

一画目

長めに少し右上がりに。

む-のコピー-5

二画目

一画目の少し右側を通って。カーブしながら上に折り返して。

む-のコピー-3

くるんと大きくカーブして上に払って。

む-のコピー

三画目

二画目からのつながりを意識してカーブしながら点を打ちます。

点の位置は二画目より右に出ます。ポイントです!

む-のコピー-4

形が頭でっかち縦長さんになればOKです。

 

 

「む」って手本によって全然違う表情になるので、どれが正しいんだろうと真面目な子ども時代、悩んでいました。

回るところは△?○?□もある!

回る位置は真ん中?、下?

二画目と三画目は続ける?

点の位置は?はねる?とめる?…

「む」は「武」から来ていることを知って、どれも良いんだなと知りました。

なので、この手本も「む」の書き方の一つととらえてください。

 

明朝体の「む」

いかめしいな…。

む-のコピー-6

 

いかがでしたか?

以上が「む」の美しい書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です