美しい「舞」の書き方〜今日のオトナの美文字〜

こんにちは!きょうは漢字「舞」の書き方です。暑中お見舞、残暑お見舞、お見舞…意外に書くことの多い字ですね。書き順は大丈夫ですか?今回は行書で、ちょっと書き順が学校で習ったものと違うパターンで書いてみました。しかも形もちょっと違います。

 

 

「舞」のオトナの美文字ポイント…「三番目の横画を長ーく」

 

 

横画が三本続いています。字の形の取り方として、

「横画が多い場合、どれか一つだけ長くする」

という決まりがあります。今回は三番目を長くします。他の二本と比べてどうでしょう?飛び抜けて長いですよね。

一舞-のコピー-5

明朝体だと上から二番目の横画が長くなっていますが、今回は三番目の横画を長くしてます。これは昔からある古典的な書き方です。こちらのほうが字の形が取りやすいので個人的にも好きです。

一舞-のコピー-7

オトナの美文字「舞」の書き方

二画目

短く横に。

一画目とは行書の特徴の一つである「線の連続」が起きています。

一舞-のコピー-6

四画目

横に長く。…ここで楷書ならこの長い横画を書く前に縦縦縦縦が来るのですが、今回は行書なので横画から書きます。「舞」は行書だと違う書き順もある漢字です。「無」も同様です。

一舞-のコピー-5

五〜八画目

最後の縦画は払って次の画へ。

一舞-のコピー-4

一舞-のコピー-3

右側は行書の特徴の一つ「線の省略」が起きています。

一舞-のコピー-2

最後は長く。「舞」は縦長の字形なので思いっきり長く伸ばしましょう。

一舞-のコピー

画数が多い字は大きく書くと他の文字とバランスが取れます。

「暑中見舞い」と書く場合、「舞」は一番画数の多い字なので一番大きくどーんと書きましょう!

 

 

いかがでしたか?

以上が「舞」の美しい書き方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です